先生

気になる目の下のたるみを手術で解決|たるんだ肌からハリのある肌へ

下眼瞼切開のメリット

顔

皮膚と脂肪を一緒に切除

目の下のたるみは、下眼瞼切開という手術で解消することが可能となっています。これは、目の下の皮膚を、その内部に詰まっている脂肪と一緒に切除するという手術です。目の下のたるみは、皮膚が伸びて薄くなり、内部の脂肪が押し出されてくることで生じます。そのため伸びた皮膚と押し出された脂肪の両方を除去すれば、確実に改善されるのです。そして目の下からは、たるみによるシワやクマも消えることになります。皮膚の弾性を高めて縮めることでも、目の下のたるみは改善されますが、その場合は再び皮膚が伸びる可能性があります。しかし手術で切除してしまえば、たるみが再発する可能性は低いです。その分、スマートな状態になった目元を長く維持することができるのです。

まつ毛の真下を切開

しかもこの下眼瞼切開は、下まぶたのまつ毛の真下でおこなわれます。まつ毛の真下には、もともと横方向に延びるラインがあります。そのライン上を切開することになるので、ほとんど痕の残らない自然な仕上がりになります。また、切開することでまつ毛は、それまでよりも下方向に傾きます。すると、その分まつ毛が長く見えるようになりますし、パッチリと開いた目に見えるようにもなるのです。さらに、眼球に近い部分にまつ毛がある場合と比べると、アイメイクがおこないやすくなります。このようなメリットがあることも、下眼瞼切開の人気の理由のひとつとなっています。目の下のたるみを解消しつつ、一層魅力的な目元にしていくために、多くの人がこの手術を受けているのです。