先生

気になる目の下のたるみを手術で解決|たるんだ肌からハリのある肌へ

目周囲の施術

婦人

回復まで時間がかかります

根本的に目の下のたるみを治療したい場合には、手術も一つの選択肢となります。こういった目の下の手術は、概して回復までのダウンタイムが長くなるのが常です。たるみ治療は、主に目の下の脂肪にアプローチすることで行われます。下瞼の切開や粘膜に穴をあけるなどの外科的処置が必要になることから、手術後に一定期間腫れが続くため注意が必要です。目の下のたるみの手術を受けた場合の平均的なダウンタイムは、約1週間から2週間とされています。回復のスピードには個人差があり、場合によってはそれ以上かかることもあるのがこういった手術の厄介な点です。社会生活にも少なからず影響することが多く、手術を受けたことを人に知られてしまうことも多々あります。

幾つかの方法があります

目の下に生じるたるみは、主に脂肪が原因です。こういった脂肪を、切開した傷口から取り出すのが現在行われている一つの手術のアプローチです。脂肪がなくなるため問題の原因から解決出来るのがメリットですが、治療した部分に凹凸が出来てしまうなどの問題も時に発生します。やや高度な技術を要する手術法としては、脂肪を移動させる方法が挙げられます。この方法では瞼の裏側からのアプローチも可能です。ですが、この手の施術を行うに当たっては医師の熟練した技術が必要と言えます。ですので、クリニック選びは特に慎重に行うことが大切です。目の下のたるみの治療は昨今切らないアプローチが多く試みられるようになっており、手術を受ける際には経験のある医師の存在が求められます。